沿革

2004年
  • 株式会社アプライド・ビジョン・システムズ 設立
  • 産総研ベンチャー企業として認定
  • 資本金1000万円
2005年
  • ステレオカメラ高精度3次元計測ソフトウェア開発キットの販売開始
2006年
  • 線ベースステレオによる3次元画像認識ソフトウェア開発キットの販売開始
2007年
  • 高速度物体検出(HOD)ソフトウェアシステムの販売開始
  • 株式会社ファクトリービジョンソリューションズ設立
     (オムロン株式会社との共同出資:FA分野の技術開発に特化)
  • 資本金を1500万円に増資
2008年
  • 当社技術応用商品・新型オートレジ「AR2000シリーズ」を株式会社日立ケーイーシステムズより販売開始
2009年
  • 第4回つくばベンチャー大賞受賞
  • 本社移転
  • 資本金を2250万円に増資
2010年
  • 富士フイルム社3Dデジカメ専用「簡易型3次元距離計測ソフトウェア」の販売開始
  • ステレオカメラ方式3次元レーザー計測システムの販売開始
2011年
  • ステレオカメラ方式位相シフト法3次元計測ソフトウェアの販売開始
2012年
  • 富士フイルム社3Dデジカメ専用3次元画像計測ソフトウェア「Measure3D-WIDE」の販売開始
2013年
  • プリント回路パターン自動解析システムの販売開始
    (株式会社ビームセンス共同開発)
  • MMS車両走行データからのオルソ化道路画像生成技術の商品化
  • 道路図化ソフトウェア「オルソジェネレータ」開発
  • 資本金を2425万円に増資
2014年
  • 正規化相関法3次元計測SDK(CorN3D)の販売開始
2015年
  • 測量業者登録(第(1)-34485号)
  • 本社移転

※補助金を受けた事業につきましては、こちらのページで紹介されております。
  >>中小企業ビジネス支援サイト J-Net21