線ベースステレオ法3次元計測・認識SDK

ステレオカメラとPCのみでモデル生成から撮像・認識までの全ての処理を実現

撮影画像中の境界線(エッジ)を抽出処理し、3次元位置を計測します。

>>線ベース法とは

ラインナップ

  • 線ベースステレオ法3次元計測SDK [AVS-Lcm3D-SDK]
  • 3次元物体認識SDK [AVS-Recog3D-SDK]

特長 - AVS-Lcm3D

■工業製品・部品等の人工的対象物の直線や曲線などの境界線の計測に最適

■高速度での視差画像と3次元位置の出力

ピクセル単位のステレオ法に比べて、線のあてはめによる高精度化が可能。

■CADデータとの照合による物体認識に最適

特長 - AVS-Recog3D

■対象物の位置、姿勢、数量を認識可能

線ベースステレオ法3次元計測によって得られた結果から、対象物の位置、姿勢、数量を検出。対象物表面の模様・反射に強い認識ができます。認識結果は3次元幾何学データとして出力され、お客様各位でご利用可能です。

3次元認識画像


用途

  • 製造物の外観計測(CADデータ照合)
  • ロボットの自動認識、ハンドリング

応用事例


◆質問や資料請求など、ご気軽にお問い合わせください