3次元精密位置計測SDK

ステレオカメラによる3次元位置計測の基本ツールキット

空間上の3次元位置をステレオ撮影画像中からエピポーラ条件を用いて、画像間の正しい位置の組合わせを見つけて3次元情報を取得します。

ラインナップ

  • 3次元精密位置計測SDK [AVS-Position3D-SDK]

特長

■3次元位置計測機能

ステレオ画像中での位置をマニュアルでマウスポイントすることにより、その3次元位置を高精密に計測可能。


■マーカー自動検出、3次元計測機能

各画像の中から複数のX字型マーカーを自動的に検出可能。またエピポーラ条件(左右のカメラそれぞれからの視線が空間中で一点に交わる性質)を用いて、画像間での正しい組み合わせを見つけ、3次元位置計測が可能。他の種類のマーカーの自動検出は、オプション、カスタマイズにて対応。


■座標変換機能

ステレオカメラ座標系上での計測位置と、お客様側で定義された座標系(例:ロボット座標系、冶具座標系)での位置を対応させることで、相互に変換できる回転移動行列を求めることが可能。これを用いて、ステレオカメラ座標系で出力される計測位置をお客様のニーズに合わせた座標系に変換可能。


用途

  • 空間上の位置特定・検出
  • ロボットの座標系との連動

応用事例


◆質問や資料請求など、ご気軽にお問い合わせください