ソリューション:提案事例

3D映像の視差解析 【概要】

―不快な3D映像をチェック―
  • 3D映像の左目用画像と右目用画像をステレオ相関処理することで視差の大きさ(3次元的な奥行情報)を計算し、極端な飛び出しなど、視聴者に不快感を与える画像が含まれていないかをチェック
  • 3D映像撮影時に、左右カメラの間隔や角度などが適正であるかの確認も可能


<3D映像イメージ>


◆詳細につきましては当社営業担当まで、ご気軽にお問い合わせください。