ソリューション:実績事例

マテリアル・ハンドリング

<業種・ジャンル:ロボット><用途:3次元物体認識

袋状積載物対象のマテリアル・ハンドリング
ステレオカメラを用いて袋状積載物の位置と姿勢を計測し、ティーチング無しに袋状積載物のピッキングを行うことができる。これにより、デパレタイジング(積み荷の運び降ろし作業)をロボット制御で自動化し、3K環境における作業者の負担を軽減できる。
本プロジェクトにおいて、当社は、ビジョン部分を担当している。ステレオカメラ画像からハンドリングすべき袋状積載物の3次元位置を算出し、ロボットハンドの制御情報をロボットに渡している。
積み方や形状が一定しない対象物について、ティーチング無しにハンドリングすることを実現している。
平成22年度戦略的基盤技術高度化支援事業として実施。
地方独立行政法人山口県産業技術センター、株式会社YOODS、旭興産株式会社との共同開発(敬称略)。


<システムの外観>

 
         <撮影の様子>      <システム認識イメージ>


※こちらより、デモ映像をご覧頂けます。

<袋状積載物を対象としたマテリアル・ハンドリングシステム>
【映像提供:旭興産株式会社】

    技術要素
     □ 面ベースステレオ法
     □ パターン光照射
     □ ステレオカメラ