汎用カメラ構成型ステレオカメラ

ステレオカメラとは、対象物を複数の異なる方向から同時に撮影することにより、その奥行き方向の情報も記録できるようにしたカメラです。
汎用カメラ構成型ステレオカメラは、産業用カメラを2台、もしくは複数台組み合わせた構成となります。自由度が高いため、計測対象の大きさや精度を考慮したステレオカメラを構築できます。
当社ではお客様の要件(仕様、精度、コスト面等)に最適なカメラ構成を提案致します。

※下記に、当社で採用実績のある推奨カメラをご紹介させていただきます。また、ステレオ計測に適したカメラやカメラ入力ソフト等のご質問、ご相談がありましたら当社までお問い合わせください。

IDS社 uEyeカメラシリーズ

IDS社製 uEyeカメラシリーズは、工業用途を中心に幅広い分野に適応可能なカメラです。ラインナップが豊富で、コストパフォーマンスに優れています。

<IDS社製 uEyeカメラシリーズの主な特徴>

  • GigE/USB2/USB3の各種インターフェースに対応
  • VGAから最大1,000万画素の幅広いラインナップ
  • ローリングシャッター、グローバルシャッター
  • Cマウントレンズ対応


<参考例:IDS社製 uEyeカメラ(1000万画素カラ―)を2台組み合わせたステレオカメラ構成>


 IDS社 uEye HDRカメラシリーズ(特殊用途向け)

IDS社製 uEye HDRカメラシリーズは、ハイダイナミックレンジセンサー(HDR)を搭載したカメラです。 輝度が高くても白とびしにくく、輝度のダイナミックレンジが広い場面でも視認性の高い画像撮影が可能です。 溶鉱炉の観測やトンネルを出入りするような特殊な環境等で効果が期待され、輝度差のある環境下で計測システムを構築する場面に有効です。
※解像度(768×576画素)、フレームレート50fps




<同条件下での比較(左:一般的なCCDカメラ、右:IDS社uEyeシリーズHDRカメラ)>


Point Grey Research社製カメラ各種シリーズ

Point Grey Research社製カメラは画像処理用の入力デバイスとして高い性能をもち、特にIEEE1394bインターフェースのカメラはステレオビジョン用に数多く利用されています。

<Point Grey Research社製カメラ各種シリーズの主な特徴>

  • IEEE1394b/GigE/USB3対応の各種インターフェースに対応
  • IEEE1394bモデルは複数台カメラの同期撮影が容易
  • VGAから500万画素、全方位カメラなどの幅広いラインナップ
  • グローバルシャッター、ローリングシャッター
  • Cマウントレンズ対応

<参考例1:Flea2(200万画素カラ―)を2台組み合わせたステレオカメラ構成>


<参考例2:Flea2(80万画素モノクロ)を2台とラインレーザー組み合わせたステレオカメラ構成>


AVT社 Prosilica GE, GCシリーズ

AVT社製 GigEインターフェースのProsilicaシリーズには、最大2900万画素までの高画素モデルがラインアップされています。

<AVT社 Prosilica GE, GCシリーズの主な特徴>

  • GigEインターフェース
  • VGA(30万画素)から1,600万画素クラスの高解像度モデルまで幅広いラインナップ
  • グローバルシャッター
  • Cマウントレンズ対応(Fマウント対応モデルもあり)

<参考:AVT社 Prosilica GEカメラ(GigE接続)>


※その他、各社のカメラに対応可能です。詳細はお問い合わせください。



◆質問や資料請求など、ご気軽にお問い合わせください