会社案内

当社の目的

  1. 産業技術総合研究所(前身は電子技術総合研究所)で生まれた 高機能3次元視覚技術VVVを、お客様に役立てていただくこと
  2. ロボット(家庭用、業務用)、セキュリティ、交通、地理情報システム、生産技術などの広い分野で、これまで「できなかったこと」をお客様と一緒に実現していくこと
  3. 私たちの視覚技術の応用を通じて、視覚認識研究、人工知能研究、さらに情報処理のあらゆる研究の発展に寄与すること

当社の概要

■ 独自技術

3次元視覚システム研究グループで開発した「高機能視覚技術」を基礎としています。この技術をライブラリや開発キットとしてご提供したり、お客様のニーズにあわせてカスタマイズしたり、その周辺に付随するシステムの調査・開発をお引き受けします。

■ AIST技術移転ベンチャー認定企業

当社は産業技術総合研究所ベンチャー開発戦略研究センターで、ベンチャー創設を目指したタスクフォースから生まれました。同センターの支援の元で、企業戦略、市場調査、技術水準について調査をすすめ、成功の可能性が高いとの判断の元で設立いたしました。 資本については産業技術総合研究所を含めた公的機関や、他の企業からの出資はなく、個人株主のみにより構成され、特定の企業との資本関係はありません。 視覚認識技術には広い活用分野があります。そこで、その市場分野や商品分野ごとに、それぞれ得意とされる特定の企業様と開発に向けたアライアンスを組む方法を提案させていただいています。

■ 実績

私たちの技術は当社が発足する以前にも国内の多くの企業で利用されています。また産業技術総合研究所内の他のグループでも活用されています。たとえば産業技術総合研究所で開発された二足歩行ロボットの頭部には当研究グループの視覚認識システムが搭載されており、作業空間や対象物の認識に活用されています。 昨年より産業技術総合研究所内に設けられたサイエンス・スクエアつくばでも私たちが開発したハンドアイシステムの実演をご覧いただけます。